お知らせ

HOME > お知らせ > 【塾長ブログ⑥】都立換算内申の計算の仕方

【塾長ブログ⑥】都立換算内申の計算の仕方

みなさん、こんにちは!
初台・西新宿の個別指導塾の
パッションゼミナール塾長の武川です。

今回は都立換算内申の計算の仕方について
このブログを通してお伝えします。

換算内申の計算の仕方がわからない。
そのような方でもわかるようにわかりすく
お伝えをしていきます。

また、内申点に応じた高校設定も兼ねて

お伝えするのでよろしくお願いします

 

都立の換算内申の計算の仕方

『主要5教科の評定の合計+副教科の4教科の評定×2』
という形で計算をすることができます。

都立入試5教科の入試なので
残りの4教科は内申点で優遇されるということで
このような制度を取っています。

この計算方法だけじゃわかりずらいと思うので
これを例に取って説明します。

 

①Aくん 5教科オール3 4教科オール5 素内申 35

換算内申計算 3×5+4×5×2=55

<講評>
5教科オール3は正直あまりよくないですよね。
しかし、換算内申は55!これは4教科を頑張っているからです。
このようなタイプは都立入試で優位になれるタイプだと言えるでしょう。

<オススメの都立高校>

・チャレンジ校 小山台高校、新宿高校

・相応校    駒場高校、武蔵野北高校

・安全校    豊多摩高校、文京高校

※写真は駒場高校です。

 

②Bくん 5教科オール5 4教科オール3 素内申 37

②Bくん 5教科オール5 4教科オール3 素内申 37
換算内申計算 5×5+4×3×2=49

<講評>
5教科オール5!!
これはすごいことですよね。
しかし、4教科の勉強はあまりやっていないのでオール3。
これだと換算内申は49というようにAくんに対して劣ってしまいます。

<オススメの高校>

挑戦校 豊多摩高校、文京高校

相応校 目黒高校、狛江高校

安全校 広尾高校、神代高校

※写真は目黒高校です。

③Cくん 9教科オール4 素内申 36

換算内申計算 4×5+4×4×2=52

<講評>
実は5教科オール5取っているBくんよりも
換算内申が高くなるという結果を出すことができるんです!
しかしAくんには勝てません。
都立ではいかに副教科の4教科が重要だということが
わかると思います。

<オススメの高校>

・チャレンジ校 竹早高校、小松川高校

・相応校    文京高校、豊多摩高校

・安全校    目黒高校、狛江高校

 

いかがでしょうか。

都立の内申点は4教科の点数がいかに

大事かということがわかると思います。

お子様の成績に困っている方は是非、この情報を知らなければ

お子様に伝え、4教科の点数を改善しましょう。

目指せ逆転合格!

 

<ご案内>
①『本町学園小中学校割!』

→本町学園に今通っている小・中学生は10月中のご入会だと特典があります!入塾金(21,600円)無料。授業料1ヶ月分(最大33,600円まで)無料でご入会できます。是非、本町学園中の方々はご参加ください。

 

②『特待生制度』

→前期中間・期末テストのどちらかで5教科425点以上を取っている方は特待生制度を取っています。特典は入塾金(21,600円)無料、授業料2ヶ月分(最大67,200円)無料、教材費無料でご入会できます。次のテストでもっと点数を伸ばしていきたい方は是非お待ちしています。

 

③『お友達紹介割』

→パッションゼミナールに通っている方々からのご紹介でご入会いただいた場合お友達紹介を受けることができます。入塾金無料か図書カード5000円分をご紹介者・お友達にお渡しするということができます。是非通っている方からお友達紹介チケットをもらいましょう。

 

※①〜③は併用できませんのでご理解の程宜しくお願い致します。

 

無料体験授業・個別相談・資料請求はこちら

お問い合わせ・無料体験申込み