お知らせ

HOME > お知らせ > 【塾長ブログ11 都立入試英語ポイント

【塾長ブログ11 都立入試英語ポイント

こんにちは!
初台・西新宿の個別指導塾
パッションゼミナール塾長の武川です。

今回は都立入試の英語のポイントについて
お伝えをしていきます。

都立入試の英語の構成
1️⃣ リスニング(20点)
2️⃣ 会話文空所補充・メール文章読解(3行作文も含む)(24点)
3️⃣ 会話文読解(28点)
4️⃣ 長文読解(28点)

となっています!
ここでは都立入試の英語を制するためのポイントを
3つに絞ってお話をしていきます。

 

1  3行作文で確実に12点をとれ!

3行作文はとにかく演習力です。
どのような問題が来ても使う例文だけ覚えておけば
必ず問題を解いて満点を取ることができます。

特に使える表現集は私たちの中で準備してあります。
3行作文は教える人の技術と本人の演習量で確実に満点を取れます。
ここは2週間対策するだけでも変わるので
3行作文は徹底的に行ってください!

 

2 中学に習った単語・文法を復習せよ

中学に習った単語・文法を復習せよ都立入試の問題はほとんどの問題が長文読解の問題です。
そのため、基本的な単語と文法が頭に入っていないと
きちんと読むことができません!

単語の復習は絶対に必要な項目です。
できれば中学レベルの単語は
日本語から英語でかけるように練習をすることが一番です。
しかし直前になったら日本語→英語でなくてもよいです!

英語から日本語に訳せるようになれば
間違いなく単語力は圧倒的に変わります。

都立英語が全然わからない人は
まず英単語からコツコツ勉強を進めていきましょう!

※パッションゼミナールでは以下の単語帳と文法書を使っています。

3 対話文読解は下線部周辺を見ろ!

都立入試の対話文読解は非常に問題が優しいです。
下線部の近くに答えがあることが7割近くあります。

きちんと長文が読めるようにトレー二ングをしてほしいですが
テクニックの段階では下線部の近くにある単語・文法事項が
書いてある選択肢が正解になることは多々あります。
長文読解ができないからといって諦めることはありません。

最後まで下線部の近くを読んで
逆転合格していきましょう!

以上が都立入試の英語の必勝法です。
ぜひ参考にして都立入試で第一志望合格に向けて
頑張ってください!

<ご案内>
①『本町学園小中学校割!』

→本町学園に今通っている小・中学生は10月中のご入会だと特典があります!入塾金(21,600円)無料。授業料1ヶ月分(最大33,600円まで)無料でご入会できます。是非、本町学園中の方々はご参加ください。

②『特待生制度』

→前期中間・期末テストのどちらかで5教科425点以上を取っている方は特待生制度を取っています。特典は入塾金(21,600円)無料、授業料2ヶ月分(最大67,200円)無料、教材費無料でご入会できます。次のテストでもっと点数を伸ばしていきたい方は是非お待ちしています。

③『お友達紹介割』

→パッションゼミナールに通っている方々からのご紹介でご入会いただいた場合お友達紹介を受けることができます。入塾金無料か図書カード5000円分をご紹介者・お友達にお渡しするということができます。是非通っている方からお友達紹介チケットをもらいましょう。

※①〜③は併用できませんのでご理解の程宜しくお願い致します。

無料体験授業・個別相談・資料請求はこちら