お知らせ

HOME > お知らせ > 【塾長ブログ13 都立入試社会ポイント】

【塾長ブログ13 都立入試社会ポイント】

こんにちは!
初台・西新宿の個別指導塾
パッションゼミナール塾長の武川です。

今回は都立入試の社会のポイントについて
お伝えをしていきます。

都立入試の社会の構成
1️⃣ 小問集合(地・歴・公)(15点)
2️⃣ 世界地理(15点)
3️⃣ 日本地理(15点)
4️⃣ 歴史(20点)
5️⃣ 公民(20点)
6️⃣ 総合問題(15点)

となっています!
ここでは都立入試の社会を制するためのポイントを
3つに絞ってお話をしていきます。

 

1 社会は地理から勉強せよ!

都立入試の社会は地理が一番配点が大きいです。
地理の勉強が非常に重要な要素の一つになってきます。
そこで地理の勉強法についてお伝えします。

<地理の勉強法>
①都道府県・世界地図の基本的な国名を言えるようにする
→都立入試はこの二つが基礎項目の上で質問をしてきます。
基本的な世界地理を理解していないと間違いなく問題を解けません。
最低限の知識としてこの情報を入れましょう。

②⚪︎⚪︎といえばで覚えよう!

例えば山梨といえば?

浮かび上がるものは何があるでしょうか。
『ぶどう』、『もも』などが浮かび上がると思います。
その山梨といえば?というものに対しての答えをたくさん増やすんです。

山梨といえば
『ぶどう』、『もも』、『扇状地』、『野菜』、『武田信玄』などなど
出てくるようになればその都道府県への理解が深まります。

これは世界地理でも同じなので是非実践してみましょう!

 

②歴史の勉強法は必ず年代暗記をする!

歴史はとにかく流れを覚えることです。
どの時代で何があったか。その流れが頭に入っていないと都立入試の問題を解くことはできません。
きちんとその流れを頭に叩き込むところから始めましょう。

そのうえで特に使えるのが
ゴロで覚える日本史年代暗記です。

都立入試で覚えて欲しい年代暗記は最低でも77個あります。
その77個を覚えれば間違いなく歴史の点数は上がります。
最低でもその年代を覚えていきましょう!

 

③公民の暗記は学校の授業に集中すること!

学校で公民を今やっているところは多いと思います。
公民はおそらく1月ごろまで行うと思います。
もちろん塾に通っている方は先取りで勉強することを
オススメしていますが塾に行っていない方は
とにかく学校の授業が大事です。
その授業を集中して取り組むこと。
そして市販で1問1答に取り組んでみてください。

以上が都立入試の社会の必勝法です。
ぜひ参考にして都立入試で第一志望合格に向けて
頑張ってください!

<ご案内>
①『本町学園小中学校割!』

→本町学園に今通っている小・中学生は10月中のご入会だと特典があります!入塾金(21,600円)無料。授業料1ヶ月分(最大33,600円まで)無料でご入会できます。是非、本町学園中の方々はご参加ください。

②『特待生制度』

→前期中間・期末テストのどちらかで5教科425点以上を取っている方は特待生制度を取っています。特典は入塾金(21,600円)無料、授業料2ヶ月分(最大67,200円)無料、教材費無料でご入会できます。次のテストでもっと点数を伸ばしていきたい方は是非お待ちしています。

③『お友達紹介割』

→パッションゼミナールに通っている方々からのご紹介でご入会いただいた場合お友達紹介を受けることができます。入塾金無料か図書カード5000円分をご紹介者・お友達にお渡しするということができます。是非通っている方からお友達紹介チケットをもらいましょう。

※①〜③は併用できませんのでご理解の程宜しくお願い致します。

無料体験授業・個別相談・資料請求はこちら