お知らせ

HOME > お知らせ > 英語が嫌いだったKくんが英語が好きになり将来の夢が持てました!塾生日記Vol2

英語が嫌いだったKくんが英語が好きになり将来の夢が持てました!塾生日記Vol2

Kくんの成長

いつもお世話になっております。

パッションゼミナールの武川です。

今日は夢が見つかり成長した現高校1年生のSくんの成長のお話をします。

Kくんはパッションゼミナールに中学2年生の時に入塾をしました。

彼は小説とサッカーが好きなとても明るい青年でした。

ただ、勉強は英語が本当に苦手。テストの点数も40点台を英語は取ってしまっていました。

英語をなんとかしないと!そんな思いで入塾をしていただきました。

苦手だった英語が好きになり、80点台を連発するようになりました!

彼は入塾してから1ヶ月。

塾で勉強をしているからこそ学校の授業の勉強がわかるようになっていきKくんの表情がどんどん明るくなっていったのを覚えています。

そして授業中に何気なく放った一番思い出に残っている一言があります。

Kくん:『先生、僕ってやればできるんですね』

私  :『急にどうした?』

Kくん:『今まで英語はどうやってもできないと思ってましたけどちゃんと塾に通ったらめちゃくちゃわかるようになったんですよね。

私  :『うんうん。』

Kくん:『僕、英語めちゃくちゃ好きになりました!もっと勉強したいです!』

そんな言葉を言ってくれるまで成長しました。

英語が好きになった彼はそこからも勉強をして英語のテストで80点台を連発して取れるように成長しました。

将来の夢を見つけることもできました!

そして彼の成長はまだまだ終わりません。

高校受験で彼は都立杉並高校を受けることを目標に頑張ります。

内申は非常に良かったので『都立推薦入試』の対策をしました。

都立推薦入試ではコロナ渦ということもあり『面接』と『作文・小論文』のみの入試でした。

彼と何度も何度も推薦入試の対策として『面接』や『作文・小論文』の対策を行いました。

面接は将来のことを考える非常に良いきっかけになりました。

そして彼が悩んで出した答えは『医者になりたい』という夢でした。

なかなか今まで少しは思っていたけど口に出すのが恥ずかしかったみたいです。

彼は本気で医者になりたいという夢をこの面接練習で見つけることができました!

そして、都立推薦入試で無事に都立杉並高校に合格しました!

彼は英語が好きになっただけでなく夢も見つかり、

この一年本当に大きく成長したなと実感する幸せな受験になりました!そして終わった後Kくんにインタビューをしました。

Kくんへのインタビュー

僕がパッションに入って良かったことはやっぱり英語ができるようになったことです授業を受けることで学校のところでわからないことがわかるようになりました。英語とかはじめ3040でしたが英語が得意科目になりました。今思い返してみると体験授業がすごく衝撃的でした。こんなにわかりやすい授業を初めて受けました。とても鮮明に覚えています!

また、先生方も個性的で非常に情熱あふれる指導で自分もあんな大人になりたいと思える人がたくさんいました。実際にそのおかげで将来の夢を持つことができたので非常に感謝しています!これからもお世話になります!医学部に入って医者になれるように努力します!

体験授業受付中!

残りこちらも2名となりました。

http://passion-entry.com/spring_campaign/

是非お早めにご連絡ください!

よろしくお願い致します!